Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

2011-07-17 Sun



3.11からどんな行動を起こしたらよいのか、頭を働かせ、時にはぼんやり、
また、議論できる方と議論し、そして世の中とのギャップを肌で感じたり…

更新が滞っている間は、そんな日々が続いておりました。

中でも、原発事故についてしっかりとした思考力をもって対応しなければならない、と感じています。

たとえば、原発事故をきっかけに100人中1人がガンになることを危険ととらえるか
100人中1人なら大丈夫。「危険」として多くの人が避難して経済活動が止まったら、そっちの方が危険と考え、あえて大丈夫とする。

後者にしても3.11以前の経済活動や暮らしに戻るということには大変違和感を感じています。

3.11以前の暮らしの延長線はありえない。

制約因子をいくつかもらった中で何をすべきか

職場であれば、「広く長いサプライチェーンの中でのデュー・ディリジェンス」をどう広めるか

プライベートであれば、パーマカルチャーをどう活かすか、
           また、具体的な暮らしのシーンを集め、情報開示できるようにする

3.11により、2030年ごろ向き合わなければならない地球環境問題がやってきた*と考えて
以前、祖父がなくなったときに「自分は生かされている」と感じたように、多くの犠牲を払った
今回の大震災を受けて、息の根の長い挑戦に立ち向かいたいと思っています。

写真は、ネクストステップの扉を開けたイメージ。。がんばるぞー

*東北大学石田秀輝教授講演内容より 平成23年7月5日

| | pm 03:19 | comments (0) |

2011-05-03 Tue

 
パーマカルチャー(以下、PC)のDesign Courseを受けて、6年目になる今年
年始の目標にも掲げたようにパーマカルチャーLIFEを実践できるよう、
その取り組みを充実させていたいと願っていました。
※関連記事:新春 2011年最初の取り組みは(11/01/10)
くしくも、3.11の震災をきっかけに、本気でPCに取り組まなければならない、
少しでも何かのお役にたてればと、次の3つのことを始めることとしました。

まず、健康な身体でいることとして玄米食の実践です。
次に節電対策としてグリーンカーテンの製作、
3つめはPCと直接関連しないかもしれませんが、身にまとうものの
集約と選択です。

1)玄米食
皆さんは、びっくり炊きというのをご存知ですか?
なんでも、江戸時代の玄米の炊き方だとか…。
長時間水に浸す必要もないですし、圧力鍋がなくても炊けるので
手間をかけなくてもよさそう?なので少しPC的かなと感じました。
 

| | pm 04:03 | comments (0) |

2011-04-16 Sat

このたびの大震災から1カ月が過ぎました。
皆さまお変わりありませんか。

一瞬にして大切な家族や自宅、職場を失った
被災地の方々を想うと、その絶望的な状況は
計り知れません。

さらに、震災がさらなる被害を呼び、東京電力の
原発事故は、収束の見通しがつかないまま
今もなお続いています。

何も手につかない状況から、既存の社会システムが平時
をつくろってくれている(誘導している?)ため、気だけはしっかりもたなければ
と感じています。
また、震災から一月余りの間、地元や現地に駆けつけた方々の復興に尽力
する姿に勇気づけられるような日々でもあり、こちらが気負いをして
どうするのだ・・・とそんなことを想いました。


どんなことも「同じ」状態は続かない。
そこにせめてもの希望を見出したい。

東京電力管内の夏場の電力供給の問題が取りざたされる中、
節電はもちろんのこと、
パーマカルチャーの非電化冷蔵庫のことを思いました。

パーマカルチャー。
自然システムのうえに社会システムがあることを
考えさせてくれます。階層を飛び越えた現在のシステムは、
外部からの小さなきっかけで成り立たなくなる可能性を
実感しました。

不確実性に対する予防手段としてもパーマカルチャーの
考え方を再点検しなければと思います。

| | pm 10:34 | comments (0) |

2011-01-10 Mon



冊子をつくるため表紙と中1ページを仕上げました。
最近、環境関連の活動報告書に触れる機会が多い
ということもあって、Permaculture-logの活動
をひとつの冊子にまとめたいと考えました。
冊子ではこれまでの活動を記した過去の要素とこんな風になったらいいな
という理想の要素を記したいと考えています。
※関連記事:小冊子つくります!(07/03/13)
冊子作成の宣言から早4年が経過。ということはパーマカルチャー実践
の具現化も少なくとも2020年までの9年くらいはかかることは覚悟の上で…。

オーストラリアから帰国ののち、都市でひとつの生態系を実現したい
という自分の想いを改めて実感。
ひとつの生態系を実現するにはそうとうな時間がかかることを
考えれば4年も長くはないのかも…なんて。
つねに未来に目を向けた持続的な暮らしの在り方について考え、
実現したいなと思っています。

そして2011年の3月にはエコビレッジの「くりもと地球村」へ
おじゃましにいくことになりそうです。
また、屋久島にも行く計画が浮上しています(これでわたしは2度目の屋久島!)。

実践が先決ですから、実践に当たってまず
1・WEBを充実させる
そのために
2・今後の活動方針を記した冊子を作成する
冊子には理想とする活動も記し、理想コンテンツを埋めるためには
3.訪問先で人脈やヒントを得る

という方針で活動したいと思います。

以上、新春の手始めにつれづれとBlogを書いてみました。
2011年がみなさんにとってよい年になりますように♪

| | pm 06:27 | comments (0) |

インフォメーション

暑さ厳しい日々が続きますね
暑さで疲れがたまりやすい時節ですが
皆さまどうかお体ご自愛ください

新規

カテゴリー

新規コメント

アーカイブ

プロフィール


Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.