Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

2016-09-17 Sat

「なくてはならなくなったもの」と聞かれると最近では、「スマートフォン」がそれにあたるでしょうか。

2016年8月に放映されたNHKスペシャル「大アマゾン 最後の秘境」で観た、文明社会と接触したことがない原初の人々『イゾラド(=隔離された人々という意味)』は、2016年の今も服を着ておらず、もちろんスマートフォンを手にしたこともありません。

文明社会においてはごく初期の段階で洋服は、人間にとってなくてはならないものとなったことが分かります。

そのなくてはならない、そして一番のプライベート空間とも言える洋服に‘シェア’の考えを取り入れてみたらどんな世界が広がるのか、そんな関心を抱いて最近試し始めた月額制ファッションレンタルサービスがあります。

とその前に、私が製作チームの一員として関わっている『シェアする暮らしのポータルサイト』では、今回の関心事と近しい、着なくなった服を物々交換するパーティー、xChange(エクスチェンジ)についての記事を紹介しています。
※『シェアする暮らしのポータルサイト』より 「所有」から「循環」へ ~服の物々交換パーティー、xChange~ (2013/06/27)

一番衝撃的だったのは、「日本人は年間10kgの服を買い、そのうち9kgを捨てている」ということ。
xChangeのNGO的な取り組みには、実際参加したことがなかったけれど、私も洋服についてはこれまでさまざま、試行錯誤を重ねてきました。

※関連記事 パーマカルチャー的ファッション (2012/06/20)
※関連記事 めくるめく企業とNGO「それでも私はユニクロを買う」 (2016/05/06)

しかし、新品の洋服に中古の洋服を加えたり、単発的に物々交換をしたところで、主軸は新品の洋服。そのため、物質量はどうしても増えてしまい、もう少し踏み込んだ環境に良い、洋服にまつわる仕組みをつくりだせないかと考えていました。

そんな中で出会ったのが、月額制ファッションレンタルサービス『SUSTINA(サスティナ)』です。

私は、一度に3アイテム借りられる月額¥4,800(税別)のコースを活用中。基本中古品の洋服・服飾雑貨をアプリから選択し、クローゼットボタンをポチっ。送料は無料で、クリーニングも不要です。毎月のレンタル回数に制限はないので、7月から始めて、07/25、08/11、08/22、09/06とこれまで4回12アイテムを利用しました。

クローゼットの容量を減らすことができ、試着感覚で選ぶことができるので、いろいろな洋服に挑戦できています。気に入った洋服は買い取ることもできるので、「いいね!」と定評のあるピンクのワンピースを購入しようかどうか迷っています。

また、「SIMPLE CLOSET ACTION!」という取り組みも行っていて、手持ちの着なくなった洋服を、状態に合わせてSUSTINAのレンタルサービスのループに組み込んだり、必要なところへ寄付したりすることもできるのです。

もともと衣服代の予算を月に¥7,000と決めていたので、月額の料金もその範囲に収まり、ベースとなるシンプルなTシャツなどは今まで通り、ユニクロで購入しているので金銭面での負担感はあまりありません。むしろ、予算内の金額で長く着られる洋服を見つけるのにかけていた時間がなくなったことで、休日の時間の使い方がだいぶ変わってきました。これから寒くなる季節に、コートなど高額な洋服もレンタルできる点もいいなと思っています。

こうしたサービスは他にも寺田倉庫が出資している『airCloset (エアークローゼット)』が有名で、こちらはプロのスタイリストさんがスタイリングしてくれるといった特徴があります。


NGOに叩かれるだけが、企業ではありません。
企業だからこそ、大きな影響力を持って社会に新しい価値を生み出すこともできる、そんな勇気をもらえる一例でした。


※こちらのブログをベースに月額制ファッションレンタルサービスについての記事がアップされました。よろしければシェアする暮らしのポータルサイト クローゼットの中身は半分。選ぶ楽しみは倍以上(2016/09/25)をご覧ください。


 

| permaculture-log | am 10:43 | comments (0) |

2016-01-01 Fri

早いものでパーマカルチャーをキーワードにオーストラリアの農家さんやエコビレッジを訪ねてから、10年が経ちました!

その間、学生というステータスから社会人へ。また、シングルから生涯のパートナーとともに暮らすライフスタイルへのチェンジがありました。
そして、日ごろの農作業やNGO勤めで、パーマカルチャーの捉え方にも少し変化が出てきました。

変化の中でも2006年と同じ想いは、都市に暮らす中でも自然を身近に感じられるよう、自ら体験し、不器用ながらも発信したいということ。

「人のために行動することを心から楽しめる人」と自分のことを分析してくれた方の言葉を胸に、2016年、何かワクワクすることができたら良いと思っています。
どうぞご期待ください。

  
  ※農園メンバーの勤務先からいただいたコービーの麻袋でつくった(つくってもらった)蝶ネクタイをつけて

それでは、2016年もどうぞよろしくお願いします!

<最近気になっていること>
・結婚式をプロデュースしてくださったCRAZYさんの新たな挑戦
http://crazy.pagecloud.com/allstaff2015
・2015年のSTEP22奨学生メンバーが訪れたカナダの団体「not far from tree」の取り組み
http://notfarfromthetree.org/

| permaculture-log | pm 01:18 | comments (0) |

2015-11-03 Tue



2014年、大波乱だった研究会で幾度と取り上げられていたこの本にどうやら私は、2013年1月18日にすでに出逢っていたようです。

2013年はまだ友人が妊婦さんになる前だったので朝ミーティングを定期開催していたころ。
どんなふうに生きていきたい?と語り合う中で、この本を引き合いに

・専門性を高める
・人とのつながりを大切に
 →家族のようなつながり。異業種のつながり。専門的な相談ができるつながり。
・長生きが当たり前。70~80歳まで働けるからこそ熱意をもって取り組むことができるライフワークを

の3つのことを教えてもらっていたようです。

ふいに出てきた過去のノートを見返していたら2014年と2013年がシンクロした、というお話でした。

さて、今日は仕事を断って、以前住んでいた時からbookingしていたコレクティブハウスのウッドデッキ塗装を体験しに1日がかりでお出かけをしました。
さすがに中腰で朝から夕方までの塗装の作業にからだはヘトヘトになりました。

でも、思わぬギブ&テイクが…。
それは、とあるイベントで湧き水で淹れるコーヒーを500杯売った経験を持つハウスの方が農業祭でのコーヒー販売を手伝ってくれることになったこと!
言ってみるものです。願いは叶う。今一番の楽しみである、農業祭。張り切っていきたいと思います!

そして今年の農業祭。コンセプトを設定してみました。

「これからLAB.(研究所)~それぞれの‘これから’を大実験!」
(…どこかで聞いたことあるようなフレーズ)
実験室のイメージで白衣を着て出店します◎

wedding これからのactionをドライブする場になれば良い と2013年のノート。

実際にコンセプト設定が功を奏し、良いものになったweddingでの経験が、農業祭ひいてはさらなるプランBにつながるよう、ほんと、楽しみつつ成功させたいと思います^^

| permaculture-log | pm 08:43 | comments (0) |

2015-08-17 Mon



結婚は相手の同意を得て、自己の欲求が満たされた状態なのだと実感。ある意味でひとつ満たされてしまったので、これから何しようー?な思いがふつふつ。
書道はあくまでも補完的要素でしかなく、本当に実現したいことってなんだろう、ぽあっとした想いを実現するにはどうしたら?ともやもやしていたら、大学時代のキラキラした夢を追及する同級生の姿を発見!もやもやの曇り空が一掃され、晴天が現れた感覚に陥りました。負けていられん!奮い立たされました。


| permaculture-log | pm 06:33 | comments (0) |

インフォメーション

暑さ厳しい日々が続きますね
暑さで疲れがたまりやすい時節ですが
皆さまどうかお体ご自愛ください

新規

カテゴリー

新規コメント

アーカイブ

プロフィール


Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.