Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

2008-12-28 Sun

大きな葉に包まれた白くてちっさなカリフラワー。





informationに張り切って書いたブロッコリーの正体は、実はカリフラワーでした(汗っ)

50×120cm空間の中でカリフラワーは育っています。 

以前はタマリュウが繁茂していた空間も(こんな感じに↓)

開墾?して、今ではお気に入りの空間に、徐々に。




小さな空間でどんなことができるか日々考えながら、都会におけるパーマカルチャーって?の具体策を考案していきたいものです。

2008-11-29 Sat



ブルーベリーの剪定を先週行いました。折しもタイミングよくブルーベリー剪定の時期をアナウンスしてくれた会社の人。
最近、グリーンにはまっていて、ともにプランタに植物を植えたり、勇気づけ&動機つけの源だったりします。



ブルーベリーの剪定時期は、休眠期の12月~2月。我が家のブルーベリーの場合、透かす程度の剪定ということで、若干早い時期でしたが古い枝を落とす作業をしました。

ポイントは、適度な高さの元気よく生長しそうな葉から5~10mm上くらいのところで切ること。
見た目の上でも考慮して、切り口は、鑑賞する側から見えないように斜めに剪定します。

ついでにサザンカも剪定。今朝、花が咲いているのを見て、さっそく一輪ざしにして机の上で鑑賞できるようにしました。






2008-11-16 Sun

「パーマカルチャーやるひとは食(料理)に興味なくちゃ~」
と頼もしいお言葉をいただいたのは2年前くらいのこと・
PCCJ(パーマカルチャーセンタージャパン)におじゃましたときのことでした。

あれから。私の腕は…というとoO

自分で育てたものを自分で調理する。
目標としている形です。

今回は、この時期の寒さを乗り切ってくれているバジルさんと向き合ってみました。


しいたけ、バジル、クコの実をオリーブオイルで炒めて塩こしょうしただけなのですが。この1つ1つ経験を重ねていくということが大事なんだと思い、作ってみました。

うちの庭では葉もの(葉っぱを主食部位とする食物)があまりよく育ちません。

ハーブの香りで虫があまり寄らないといわれているバジルも例外ではありません。
ただ、寒くなって活動している虫の種類も変ってきたのでしょうか。

葉にぼこぼこ穴があいているという状況は減ってきました。
そこで、時期ももう終わりなので大収穫祭をしたわけです。

だいぶ寒い時期になってきましたね。風邪などには気をつけたいものです。

そして、私、実は今京都に来ています。とんぼ返りもいいところですが、その模様を次の機会にでもお話できたらと思っています。

2008-07-28 Mon



園芸研究家、柳宗民さんの1冊です。宗民さんのお兄さんは、工業デザイナーとして有名な柳宗理さん。バタフライ・スツールを制作した方です。

この雑草ノオトは、春まだ日中が心地よい気候だった頃にぷらっと出かけた美術館のお土産コーナーでみつけました。
即購入。趣味の園芸という番組で宗民さんの人柄になぜか感動を覚えていたので、きっと読んでいてたのしいエッセイなのだろうなと想像していました。

空き地などでよくみかける雑草。この雑草は、花壇や畑では厄介者なのですが、やさしい文体でつづられる雑草たちに愛らしさを感じてしまうのは、著者の人柄もあってのことに違いありませんッ。


全部はまだ読みきれていないのですが、お気に入りの雑草をみつけられたらなと。
インフォメーション

暑さ厳しい日々が続きますね
暑さで疲れがたまりやすい時節ですが
皆さまどうかお体ご自愛ください

新規

カテゴリー

新規コメント

アーカイブ

プロフィール


Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.