Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

2012-06-20 Wed

社会人にもなるとTPO「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の 使い分け」に則して、その日のコーディネートを決めなくてはなりません。

学生のころは、時間がたーっぷりあったし、周囲の目もあったので、それなりにおしゃれにはこだわっているつもりでした。

しかし!! 社会人になるとそうもいかず、また、きれいめ系を着こなすのが不得意なのもあって、今ではデフォルトで季節ごとに4パターンのコーディネートをあらかじめ決めて着まわしています。
限られた時間を有効活用することに気をとらわれて、ファッションへのこだわりがやや後退気味…。

そんな中、最近御用達の調達先が「シロガネーゼ」で知られる職場近くのリサイクルショップ、タグリスです。

きれいめ系の洋服を2000~3000円で購入できるというところに魅力を感じているだけでなく、誰かのアウトプットがほかの誰かのインプットになるという面で、パーマカルチャー的なおしゃれの楽しみ方なのでは、と思っています。

↓タグリスで購入の商品一覧


商品の中には、タグのついたままの品もあって、買ったけど、使わなくてタグリスへ、あるいは洋服屋で働く店員さんが持ち込んだものなのかなどと思われます。
これらは、捨てられずにゴミにならないということまでは良いのですが、資源のオーバーシュート(過剰利用)になっていないかについては気になるところ。

確かにファッションには、気分転換価値(洋服を買うこと、好きなものを身に着けることの一連で生み出される価値)などもあるので、過剰でさえなければよいとは思うのですが…。
※そんなこと言うわたしも、洋服の適正在庫の自己診断をいつかする必要がありそう。


洋服の生産工程の中で、もっとも環境負荷が高いと思われる「染色」による水汚染に注目している
パタゴニアさんの取り組みは応援したいなと思っていて、大事に長く使ったり、リサイクルをすることで「余計なゴミをださない」ことがクリアできたら、今度はインプットしているものはどんなものかにまで関心を寄せることができれば、と思います。

パーマカルチャーなファッションの追求、まだまだ続けたいなと思います。<続く>
コメント









絵の中の文字を入力して下さい:

インフォメーション

暑さ厳しい日々が続きますね
暑さで疲れがたまりやすい時節ですが
皆さまどうかお体ご自愛ください

新規

カテゴリー

新規コメント

アーカイブ

プロフィール


Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.