Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

2016-06-23 Thu

世の中には、目を伏せたくなるような酷な現実が存在します。その一つに、紛争の資金調達のために不法に取引されている紛争鉱物があります。紛争鉱物全般の話は、次の機会に譲るとして今日は、紛争ダイヤモンドに焦点を当てたいと思います。

紛争ダイヤモンドについて、こうした問題に今まで触れてこなかった層に訴求してくれるのが、フィクションでありながら、さまざまな輸入産品の裏に隠された事実を表面化するきっかけを与えてくれた、2006年の映画「ブラッド・ダイヤモンド」です。さかのぼること大学時代。試写会のチケットが当たった私は、フェアトレードの活動に熱心だった知人と中野まで観に行きました。

劇中の子供兵の様子など、まさに目を伏せたくなるような衝撃的なシーンが続出。ストーリー性があり、物語にグッと引き込まれる演出は、素晴らしいものだと感心しました。

こうした大学時代の関心が今の仕事につながっているんだと思うとなんだか感慨深いものがあります。

現在、金やタングステンなどの資源鉱物は世界中で採り尽くされているのが現状です。金でいうと大規模な露天掘りの金鉱山では、1トンの採掘量に対して、わずか0.3グラムしか採れないと聞いています(教養としての資源問題)。こうした鉱物は木々に囲まれた自然豊かな地の地中に多く存在することなどから、資源採掘に伴う環境への影響は、想像を超えるものです。

朗報としては、ダイヤモンドは合成が可能になったということです。炭素を高圧で圧縮して合成するようですが、技術的には私が生まれた以前から存在し、主に研磨材として工業用に使われていたようです。
確かに、キッチン用品でダイヤモンド入り包丁研ぎなんてのが売られていますよね。

環境負荷や資源枯渇のことを考えると鉱物資源の代替品は不可欠で、合成ダイヤも地中から採掘しないというだけで偽物ということではないのでいいなというのが私の意見です。
ところで、結婚してもうすぐ1年。私の場合、婚約指輪が結婚指輪を兼ねていて失くしやすい性格などから、普段、指輪をつけることはしていません。



前にもらったイエローダイヤの原石を、結婚に際して指輪にしたもので、よくある「パカッ」の瞬間は、プレゼントされた私より、プレゼントした本人が一番目を輝かせていました。

モノの捉え方は人それぞれなので、どちらでも良いのですが、合成することができるようになった今でもダイヤモンドの価値は、それなりのものです。確かにめずらしいイエローダイヤ。それが天然品か合成か、プレゼントした方にとってはそれなりの対価を払っているし、鑑定書もついているので、前者の判断になろうかと思います。真相は定かではありませんが、私にとっては後者だったら、うれしく、さらに特別感が増すなぁと感じる次第です。
コメント









絵の中の文字を入力して下さい:

インフォメーション

暑さ厳しい日々が続きますね
暑さで疲れがたまりやすい時節ですが
皆さまどうかお体ご自愛ください

新規

カテゴリー

新規コメント

アーカイブ

プロフィール


Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.