Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

私の図書室

非営利組織の経営
 ナチュラル・ガーデン
 
非営利に関係ある、なしに関わらず、マネジメントを勉強するのにとても参考になる1冊です。
家の隣にいつかビルが建つかもしれない。しかし、太陽が東から西へと移動するのは変わらない。自然をもっと生かしていくことにヒントを与えてくれる1冊です。
半農半Xという生き方[実践編]
生ゴミ堆肥ですてきに土づくり
半分農業、半分好きな仕事といっても「どうしたらX(エックス)が見つかるのか」。それはやっぱり気になるところ。いろんな方のXについて書かれているのがこの1冊です。
わかりやすい図解で、何かやってみようという方におすすめの1冊です。野菜作りは、土作りから。生ゴミをリサイクルさせることで小さな循環システム作ることにもなります。
PERMACULTURE A Designer's Manual
食用コンテナガーデン
元祖パーマカルチャー生みの親、ビル・モリソンが原本を改訂してまとめました。英語の本ですが、アイディアがたくさんつまった1冊です。まさにWow! These ideas could change the world! といった感じ。
広い土地がなくてもコンテナ(植木鉢などの容器)で楽しめるガーデンについての1冊です。本文中には、パーマカルチャーについても、わかりやすく書かれています。おすすめの1冊です。
もやしもん
酵母食レシピ
マンガで読む雑学書という感じで菌の世界がわかります。母校の雰囲気に少し似ている気がします。機会があればぜひ読んでみてください。
酵母を育てること、育てた酵母でパンを作ることがなんて容易なのか!ということが実感できる1冊です。読んでみたらぜひ酵母作りにチャレンジしてみてください。とてもおしゃれな1冊でもあります。
酵母のライフサイクル
重曹・酢・石けんでナチュラルおそうじ
学術書といった感じですが、普段は感じれない菌の世界の扉をひらく1冊になること間違いなしです。見えないけれども、実は身近な酵母や菌の世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。
利用するものがこれなら、子どもがゴロゴロしているわきでおそうじをしても安全です。エコでエコノミーなおそうじにチャレンジしたくなるおすすめの1冊です。
ハチドリのひとしずく
半農半Xという生き方
森火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑います。ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」と答えました…。できることからはじめようと勇気が出る1冊です。
半農半X(エックス)とは「半自給的な農業と自分のやりたい仕事」を両立させる暮らしのことをいいます。Xには可能性がたくさんあるという意味も込められています。日常の暮らしの中に農を据え、自然とのかかわりを保つ。なんともすてきな暮らし方です。著者の塩見さんはとても雰囲気のある方で、すてきな言葉をたくさん持っている方です。

Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.