Permaculture-log お問合わせ Sitemap
home
Permacultureとは? Permaculture Idea 学びの場 Blog Farmtrip2006 私の図書室 Link

2009-12-01
開催間近!12月13日(日)S.T.E.P.22報告会開催のお知らせ
2006年にオーストラリアに渡航する際、協力いただいていた団体主催のイベントで
海外での活動というゆるやかなつながりの中で集まった仲間が今年の奨学生を中心に開催する報告会の案内です。
開催間近ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・


2002年発足、2009年8月にNPO法人となった団体S.T.E.P.22。
http://www.step22.com/

これまでに21名のメンバーを海外へ送り出し、
今年も4名の奨学生が自らの問題意識に基づき旅立って行きました。

自主性を大事にしながらも、
「なぜその活動をしたいのか」
「なぜその国に行きたいのか」
いくつもの質問を繰り返しながら、納得のいく活動プランを作成できるよう、
フォローアップするのがS.T.E.P.22の軸となる活動です。

ギフトネクストGift the Next(=人から受けた恩恵を次に贈るという意味の
造語)という理念を第一に、関心を持つ分野や国が異なる仲間が
お互いに持ちうる情報や経験を共有しながら、活動を続けていく。

S.T.E.P.22について、より多くの方に知っていただけたらと思い、
下記の通り、活動報告会のご案内をさせていただきます。

毎年、いろいろな出会いがある場にもなりつつあります。ぜひお越しください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

~あなたの夢を、応援します~

S.T.E.P.22
海外フィールドワーク報告会&第9期奨学生募集

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2009年、世界中で
『CHANGE』が叫ばれた

これから、世界はどこへ向かうのだろう?

激しく変化する世界がある一方で、
取り残されている世界がある。

社会を、世界を、『CHANGE』するために
自分にはなにができるのか。

今年、4人の学生が
それぞれの『CHANGE』のフィールドへ向かった


そこで出会った世界から学んだこととは―――――



第8期奨学生帰国報告会では、
奨学生4人がそれぞれ現地で行った活動についてご紹介させていただきます。


また、第9期奨学生募集の告知ついてもあわせて行いますので、
関心をお持ちの方はぜひご参加ください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日時
12月13日(日)
14:00~16:00(開場14:00~)

会場
中野サンプラザ 研修室1
http://www.sunplaza.jp/access/index.html

定員
先着50名

参加費(資料代、会場代として)
予約:300円
当日:500円

■□プログラム□■

▽開場

▽NPO法人S.T.E.P.22についての紹介

▽第8期奨学生帰国報告(報告順は変更になる可能性があります)
       
◆藤田有紀(タイ、バングラデシュ 現地NGOインターン)

◆阿部幸那(インド 児童労働問題の調査)

◆大崎雅基(ルワンダ ドキュメンタリー制作)

◆粂 文野(フランス 家族制度の調査)

▽第8期生によるパネルディスカッション、質疑応答

▽第9期生募集についての案内

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

参加ご希望の方は、

1、お名前

2、所属

3、今回の報告会を知ったきっかけ
  ・知人、友人から
  ・メルマガ(具体名         )
  ・掲示板(具体名         )
  ・mixi
  ・その他(具体名         )

4、今回の報告会に期待するコンテンツ
  ・報告会(渡航内容)
  ・第9期奨学生の案内
  ・その他(            )

以上をご記入の上、件名を「報告会参加希望」として

『12月6日』までに

step22.info[@]gmail.com までお送りください。

([@]を@に変えてください♪)



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

S.T.E.P.22とはScholarship for Transnational Education Program 22の略称で、
海外でのチャレンジを通じて夢を実現したいと考えている人達を
活動内容のプランニングサポートを含むスカラシップ(奨学金)制度によって応援しています。


2010年度第9期奨学生募集は12月より開始予定です。
みなさまのオリジナルな海外プログラムに対し、
選考を経た上で奨学金を付与します。


~あなたの夢を、応援します~
S.T.E.P.22

2009-05-10
ミーティング一時休止
大変ご無沙汰しております。
NEWSでの投稿は、実に1年3か月ぶりとなってしまいましたが、みなさんお元気でしょうか。
まだ5月だというのに今日の関東は日差しも強く、とても暑いことを体感しております。

このたび、改めましてミーティング一時休止のお知らせを、遅ればせながらさせていただきたくこちらのNEWS項目で投稿することにいたしました。

最後のミーティングから、約1年。これからの1年で、アクションプランを思考し、1~2年後にはあらたなpermaculture-logの具体策をもってミーティングの再開等を目指すこととします。
次回ミーティングのお知らせをしないまま、そのままの状態になってしまっていましたのでご報告させていただきたく思います。

そしてこの1年は、メインで「食べられるランドスケープ」をテーマにした景観の設計を、社会人学生として取り組みます。
BLOGはこれまで通り月2回の更新ですので、その中でもお伝えできるチャンスを作っていきたいと考えます。


また、この項目をアップしようと考えていたちょうどのタイミングで、NOAH'SCAFEさんからCAFE閉店のお知らせを頂戴いたしました。
お店自体は、2009年5月24日(日・新月)を以ってひとつのピリオドがうたれますが、新たな形態で継続されるとのことで、permaculture-logでお世話になっていた身としてこれからも陰ながら応援していきます!

ラストスパートでNOAH'SCAFEさんへもしよろしければ、皆様足を運んでみてください。


  
2008-02-12
2月17日開催!【食の未来】DVD上映会のお知らせ
2月17日(日)のお知らせです。
日ごろよりお世話になっているパーマカルチャーミーティングのメンバーのタニヤマさんが下記の企画を立ててくださいました。
Do somethingの輪が広がっていっている感じで、うれしいです!!皆様のご参加、お待ちしております。

【食の未来】DVD上映会のお知らせ

【食の未来―未来を決めるのはあなた】は、アメリカのデボラ・ガルシア監督のドキュメンタリー映画(2004 Lily Film)の日本語吹き替え版です。

食の未来 HP http://syoku-no-mirai.net/

映画ではアメリカ社会を背景に、多国籍企業の利益中心主義の下、遺伝子組み換え作物が、生産されている現状が、描かれています。
私は、特に、農業に携わっている訳でもないし、世間に疎い普通の市民ですが、先日、このDVDをみた時の衝撃は、計り知れないものでした。なので、私のような“なんにも、知らない人”達にこそ、見ていただきたいなと 思っています。

【開催日】  2月17日  場所  NOAH‘S CAFÉ  (東中野) 
~ノアズ カフェは、フェアトレード&コミュニティカフェです~
NOAH’S CAFÉ http://noahscafe.main.jp/index.html中野区上高田1-34-1
JR総武線 都営大江戸線 東中野駅 徒歩12分 
東京メトロ 落合駅 徒歩8分
地図 http://noahscafe.main.jp/map02.html         

18時20分~会場&受付

18時30分~挨拶&DVD鑑賞

~10分休憩~

20時10分~ ゲストトーク
◆ゲスト その1「食の未来」日本語版製作委員の入沢さんを招いて
  「食の未来」解説と現在の遺伝子組み換えの現状についてトーク 
      ~質疑&応答~
◆ゲスト その2 フェアトレード:食の安全という立場から。
 NOAH‘S caféオーナー ミホさんのトーク

■定員 20名 (先着順)
■料金 700円 (1ドリンク付き)
申込 タニヤマまで、メールにて 申込下さい
アドレス oneness24_7@yahoo.co.jp


 申込期限 2月16日

多くの方からの、参加をお待ちしています♪♪

【Let‘s do something!】
2008-01-14
S.T.E.P.22から次期奨学生募集のお知らせです。
もし、ギフトネクストの理念に興味をお持ちの方で海外渡航を考えていらっしゃる方がおりましたら、
こちらの他にはあまりないS.T.E.P.22のユニークな奨学金の応募をぜひ検討してみてください。
周りの方々への転送も歓迎しております。

■ ■                         ■ ■
    2008年度 第7期 奨学生募集のお知らせ

   ━ S.T.E.P.22 http://www.step22.com 
■ ■                          ■ ■  

                                   【2月8日締切迫る】
2008年度第7期奨学生募集のお知らせです。
私達S.T.E.P.22は奨学金等のサポートを通じて、
海外で実現したいあなたの夢を全力で応援しています。
現在、熱い想いを持った第7期奨学生を募集しております。
皆様からのご応募、心よりお待ちしております。

■ S.T.E.P.22は、海外で
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
   新しいチャレンジがしたい!
・………………………………………………………………………・
   自分の夢を実現したい! 
・………………………………………………………………………・
   自分のライフワークに繋がっていく活動をしたい!
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
 と考えている方が目標を達成するために、
 奨学金やアドバイス提供を通じて応援する団体です。

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
  渡航先 : 世界中どこでも
・………………………………………………………………………・
  活動内容: 各自のチャレンジ、夢の実現、ライフワーク 
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
 渡航先や活動内容は、基本的に自主性を尊重しているため
 あなた次第です。尚、奨学金の返済義務はありません。

【奨学金提供の条件などについては下記をご参照ください。】
    http://www.step22.com/scholarship/

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

■ 第7期奨学生 募集要項
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
  ● 募集人数: 8人程度
・………………………………………………………………………・
  ● 奨学金 : 10万円 
・………………………………………………………………………・
  ● 応募資格:
       
・海外での活動であること
・東京で月2回程度のミーティングに参加出来ること
・2008年度の活動報告会に参加可能であること
・2009年度時期奨学生サポート業務に参加可能であること

★職業、年齢、活動内容は問いません。
・………………………………………………………………………・
  ● 応募方法:
     
   HPより募集要項をダウンロードし、必要事項を記入の上、
全ての提出書類を電子メールまたは郵送にてお送り下さい。
 (あて先は応募要綱に記載してあります)

  【第7期奨学生の募集要項はこちら】 
http://www.step22.com/scholarship/7th/bosyu.html 
・………………………………………………………………………・
  ● 選考方法: 2段階審査とします。

   ・1次選考 応募書類による選考
      2008年1月11日~2008年2月8日(締切)
          ★Eメールの場合は日本時間当日24時まで
   
   ・2次選考 面接による選考(1次選考通過者のみ)
      2008年2月24日(日)
          ★詳細は追ってご連絡いたします。
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

■ S.T.E.P.22 理念
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
  S.T.E.P.22は、海外での活動を通して自分の夢に挑戦
 したいと考えている人たちを、奨学金や情報提供を通じて
 サポートすることで、その情熱や財産を社会に還元する
 「ギフトネクスト(★)」を目指している団体です。
・………………………………………………………………………・
     ★ギフトネクストGift-the-Nextとは?
 人から受けた恩恵を次に贈るという意味のギフトネクスト。
 恩恵のお返しではなく、別の人に贈って善意を広げ、
 世界をよりよくしようというメッセージがこめられています。
・………………………………………………………………………・
 S.T.E.P.22および過去の奨学生の活動概要についての詳細は、
 ホームページをご覧下さい。
         http://www.step22.com

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

■ これまでの奨学生の活動内容
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
  インド(教育)
  中国(農業)
  イギリス(グリーンツーリズム)
  オーストラリア(パーマカルチャー)
  中国(ドキュメンタリー制作)
  ウズベキスタン(観光促進)
  ウガンダ(人権問題)
  ガーナ(農村開発)
  レソト王国(貧困問題)
  バングラディシュ(識字教育)
  タイ(スタディツアー)
  タイ(衛生教育)
  ネパール(フェアートレード)
  ネパール(医療) 
  東ティモール(平和構築)
  インドネシア(ストリートチルドレン)  
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

■ お問い合わせ
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
 奨学金制度およびS.T.E.P.22に関するお問い合わせは
 お気軽に下記メールアドレスまでお願いいたします。

  step22.info@gmail.com
・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
<<前の記事へ

Copyright © 2006 Permaculture-log All Rights Reserved.